Vere languores nostros の歌詞

Vere languores nostros
まことにわれらが弱さを

Vere languores nostros ipse tulit, まことにわれらが弱さをあの方は背負い
et dolores nostros ipse portavit:     われらが苦悩を担えリ
cujus livore sanatisumus.      あの方の受けた傷でわれらは癒されり
Dulce lignum, dulces clavos,    優しき(十字架の)木よ、優しき釘よ
dulcia ferens pondera,       優しき重みを担うものよ
quae sola fuisti digna         汝こそふさわしけり
sustinere Regem coelorum et Dominum. 天の王、主を支えるに

(1,2行目はイザヤ書53章4節、3行目は同書53章5節の中の文章です)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR