Se la face 歌いました。

昨日(5月3日)のワークショップに参加された皆さん、お疲れさまでした。

初参加の方4名を含む、なんと17名の方にご参加いただき、連休の1日をデュファイのポリフォニーを歌って楽しく過ごしました。

ソプラノ7、アルト5、テノール2、バス3という構成でした。本来のパートから移動してくださった方々、ありがとうございます。

デュファイ自作のシャンソンが定旋律になっているテノールのパートの一部を最初に歌い、元の世俗曲がどういうメロディーであるかを確認してから、ミサ、キリエの練習に入りました。
いつものように先生の作成された、小節線のない(オタマジャクシの)パート譜を見て、練習しました。

途中でテンポが変わるのですが、ついている記号の「マル○が完全で3で、Cが不完全で2」ということが妙に納得できました。Cは視力検査のように右端が切れているから不完全なのですね。

本日印象に残ったイメージ。。。「大縄跳び」 
長い縄を回して色々な人たちが出たり入ったり、また縄を回す人は人々の動きを見て回す速さを早くしたり遅くしたり.......というのが、ポリフォニーの歌い方なのだそうです。(なんか、わかります)

フレーズごと、パートごとにじっくりと練習して、結局3声になるChristeの部分はできなかったのですが、キリエの最初と最後の部分は
ほぼ仕上げることができました。

各パートの拍の強弱やテンポやメロディーが実に緻密に重なり合っているのには驚かされました。それでいて美しい。デュファイはやっぱりすごいのですね。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR