ウィルビーのマドリガーレ、歌いました。

昨日(7/31)のワークショップに参加された皆さん、お疲れさまでした。

今回はソプラノ3、アルト2、テノール1、バス1と、バランスのよい構成でアンサンブルができました。

曲目は、このワークショップでは初めて歌うイギリスのマドリガーレです。いつもの宗教曲とは、音の展開も雰囲気もまったく違うもので新鮮な気持ちで楽しく歌うことができました。

最初は、歌の中での英語の発音について。
舌を極端に丸めないとか、唇をぎゅっと引いてぼんやり開ける とか、単語の最後の子音をしっかり発音する場合としない場合とか等々、ぼんやりそうかなあと思っていたことだったのですが、きちんとした説明を受けてすごく納得できました。

それから楽譜をいくつかの部分に分けて、少しずつ合わせていく練習。これにかなりの時間がかけられました。

その後、古い記譜法で書かれた楽譜で歌う練習と、先生作成のパート譜だけを見て歌う練習を行いました。
4つのパートが上下に並んでいる楽譜よりも、パート譜だけの方が他のパートの音に耳が開かれて、とても歌いやすいということを発見。
先生が聞いてもそちらの方がずっといいとのことでした。

最後に録音して聴いて、先生のアドバイスを受けて、再度仕上げに歌い、1回目よりもずっとよくなって終了となりました。

帰り道も夜寝るときも、「僕のかしこいクロリスはこう言うんだよ。Thus Saith My Cloris Bright」のメロディーが頭の中でぐるぐると回り続けていました。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR