ジョスカンのアヴェ・マリア、歌いました

本日12/12のワークショップに参加された皆さん、お疲れさまでした。

今回は直前にお仕事のご都合で来られなくなった方がいて、ソプラノ2、テノール1になってしまったのですが、望月先生のご紹介で、なんとソプラノの木島千夏さんが助けに来てくださってアルトを歌っていただけました。
プロの方お二人と一緒のアンサンブルで歌うという、とびきり贅沢なワークショップでした。

今日はとくにいわゆる声楽の歌い方とは違う、響かせて歌うポリフォニーにふさわしい歌い方の具体的な方法を教わりました。

次に、時を選ばず歌うマリア賛歌としてのグレゴリオ聖歌と、待降節の第4祝日に歌う奉納唱のアヴェ・マリアのグレゴリオ聖歌を歌いました。前者はよく知られていますが、後者は見た目だけでも四角い音符の数が断然多く、音が上下に微妙に複雑に動くグレゴリオ聖歌でした。

ジョスカンのアヴェ・マリアは長い曲ですが、中間部の(いわゆる)三拍子になるところから練習を開始。
ここはImmaculata(無原罪の)という重要なことばが出てくる部分で、他は(いわゆる)4拍子なのにここだけが3分割になっていることがどういう意味を持つのかということを教えていただきました。

今日は本当に美しいハーモニーを醸し出すことができたと思います。ジョスカンの美しさの秘密の一端も覗けたような気がします。その余韻を味わいながら解散となりました。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR