クァルテット初体験!

昨日(9月19日)のワークショップに参加された皆さん、お疲れさまでした。

きょうは申込者ソプラノ1、アルト1、バス1の3人で開催が危ぶまれたのですが、望月先生がテノールに加わってくださり、なんと1パート一人というレベルの高い(高すぎる!)クァルテット体験をすることができました。

最初は呼吸法についての実践的なアドバイスと練習がありました。「お腹で支える」というのはそういうことなのかと、目からウロコ。
その次にグレゴリオ聖歌の歌い方の解説と角形音符(四角い音符)の4線譜での実際の歌唱練習。

そしていよいよパレストリーナですが、全体を4つに分け、最初は、3拍子になる最終のDパートから始めました。
休憩を挟んで、A, B 30分、C, D 30分練習し、最後に通して歌い、締めくくりにグレゴリオ聖歌から全体を通して歌うという、完璧なプログラムでした。

1パートひとりだと、全責任が自分ひとりにあるので、音をはずしたりいい加減だったりうまくいかなければすぐに「バレ」ます。自分の声はすべて、他の人に聞かれていると思うだけで緊張。
でも先生に適切にサポートしてもらったおかげでなんとかできました。
経験豊富な私以外のお二人はとても素晴らしい歌唱でした。

3時間以上、色々なことをみっちり教えていただいて、すごく充実した本当にぜいたくなワークショップでした。感動......





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR