ニコラ・ゴンベール Nicola Gombert

7.6ワークショップで歌うニコラ・ゴンベールという作曲家について調べてみました。

ニコラ・ゴンベール Nicolas Gombert
(c.1495 - c.1556)

フランドルの作曲家。ジョスカン・デプレの弟子。
1526年より神聖ローマ皇帝カール5世(シャルル・カン)の礼拝堂に仕え、1529年に聖歌隊長になる。後にトゥルネの司教座聖堂参事会員にもなっている。1537年、20人の歌手とともにスペインに渡り、マドリッドの皇帝礼拝堂に地位を得たが、1540年、聖歌隊少年とのわいせつ行為のために追放される。
その音楽は、暗い陰りと緊密なテクスチャーにより高く評価された。ミサ曲10、モテット160、聖歌、シャンソン約80を遺した。( Encyclopedia of Music, ed. by David Cummings, Helicon )

<補足>
追放に関して:
追放され、ガレー船での強制労働の罰を課される。1547年頃に恩赦を受けたらしい。カルダノCardanoの証言によれば、自作のマニフィカトMagnificatを皇帝に送り、皇帝がその曲に深く感動したためという。( Wikipedia Italiaより)

作品に関して:
彼の世俗曲にはクレマン・ジャヌカンのようなきわどい歌詞は見当たらず(「私の煙突を掃除してよ.....」)、むしろ悲哀を帯びた歌詞が多い(「私は別れを告げた、深い悔恨が.....」)。物理学者ジェローム・カルダンによると、ゴンベールはメランコリー発作の後遺症で死したという。
ジョスカン・デ・プレの明快な作曲法のあと、ゴンベールの様式は、オケゲムを思わせるような、非常に厳密で凝縮したポリフォニーへ回帰しているのが特徴である。宗教曲には最高度な模倣技法を取り入れた。どのパートも常に運動しているため、延音記号(フェルマータ)がほとんど見られない。不協和音の扱い方ではゴンベールはパレストリーナの先駆者である。(Wikipedia Franceより)


*正確な詳細については専門書でご確認ください。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR