Heinrich Finck という作曲家

5月3日(土)のワークショップで歌う Heinrich Finck という作曲家について調べてみました。

Heinrich Finck (1444 または 1445 バンベルグ〜1527 ウィーン)

ルネサンス期のドイツの偉大なポリフォニー作曲家のひとり。フランス・フランドル楽派の影響を受けている。その様式から、ヨハンネス・オケゲムとジョスカン・デ・プレの中間に位置づけられる。弟子のThomas Stoltzer は16世紀に著名な作曲家になった。
ポーランド王国宮廷、ザルツブルグ司教大公の宮廷、ウィーンのハプスブルク家宮廷で、楽団員や楽長として活躍した。
ミサ曲、モテット、聖歌、ドイツ・シャンソンなど多彩なジャンルにわたる宗教曲・世俗曲を多数書いた。

(Wikipedia Franceより)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR