オルガヌムのコンサートのお知らせ

オルガヌムを中心に中世音楽を紹介しているMusica Serpentis の第四回コンサートが11月3日(火祝)大森復興教会で開かれます。
今回のテーマは「 Benedicamus Domino ~ 中世音楽のパラフレーズ」とのこと。
どんな音楽に触れることができるのか、楽しみです。


1103omote.jpg





Coditor Alme Siderum の楽譜

11月29日(日)のワークショップで歌うトマス・ルイス・デ・ビクトリア Tomas Luis de Victoria の Hymnes: Conditor Alme Siderum の楽譜は、以下のリンクをクリックすると表示されますので、プリントしてください。

http://www.uma.es/victoria/pdf/Conditor_Alme_Siderum.pdf

うまくいかない場合には、メールに添付してお送りしますので、その旨お知らせください。
Fax 送付や郵送もできますので、こちらもメールにてお知らせください。


12月のワークショップ

12月のワークショップは以下の日程で行われる予定です。

日時:2015年12月12日(土)13:30-16:30予定
場所:千早地域文化創造館(豊島区千早2-35-12。有楽町線または副都心線千川駅3番出口徒歩7分)
講師:望月裕央
曲目:Josquin des Prez, Ave Maria

クリスマスの月にちなんで、グレゴリオ聖歌のAve Mariaと、フランドルの珠玉の名曲といわれるジョスカン・デ・プレ Josquin des Prez のAve Maria を歌います。

参加費:3000円(学生2000円)

参加ご希望の方は、ワークショップの日付、お名前、パートを書いて、polyphonylabo@p06.itscom.net までメールをお送りください。
申込締切:開催決定していますので、前日までお申込みを受け付けています。

テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

11月のワークショップ

11月のワークショップは以下の日程で行われる予定です。

日時:2015年11月29日(日) 13:00-17:00
場所:新アカデミー向丘学習室
講師:安邨尚美
曲目:Tomas Luis de Victoria, Hymnus: Conditor alme siderum

<安邨先生からのコメント>
Conditor alme siderum は、待降節に歌われるイムヌス(賛歌)です。
今年はちょうど11月29日から待降節が始まりますので、グレゴリオ聖歌とスペインの作曲家 Tomas Luis de Victoriaのポリフォニーで、この曲を味わってみましょう。
イムヌスは6節あり、奇数節はグレゴリオ聖歌、偶数節がVictoriaによるポリフォニーです。グレゴリオ聖歌のメロディーがVictoriaによってどのようにアレンジされ重層的な響きなるのか楽しみましょう。

参加費:3000円(学生2000円)

参加ご希望の方は、ワークショップの日付、お名前、パートを書いて、polyphonylabo@p06.itscom.net までメールをお送りください。
申込締切:開催決定していますので、前日までお申込みを受け付けています。

テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

ジョスカンの「こおろぎ」歌いました。

本日(10/10)のワークショップに参加された皆さん、お疲れさまでした。
今日はソプラノ1、アルト1、テノール1、バス1という、またしても(私には)恐怖のクワルテットでした。

でも曲が、ジョスカンの世俗曲。フロットラというジャンルで、マドリガーレの前身だそうです。

いつものポリフォニーとは全然ちがって、ハモるというよりそれぞれのパートがノリノリでメロディーを歌い、それが掛け合いをしたり、こおろぎの鳴き真似のような音の連なりになったりと、とびきり楽しい曲でした。

弾むような El Grillo e buon cantore. (こおろぎは上手な歌い手)の部分のメロディーが今でも耳にこびりついています。

楽譜上はなんだか単純で面白味がない曲に思えたのに、歌ってみたら大ちがい。アドレナリン出っ放しのノリのいい曲でした。15世紀のものなのに、モダンな曲のよう。ジョスカンはやっぱりすごいのですね。

練習はいつものように先生手書きのパート譜を使って進められました。
各自の歌唱の正確さが要求される歌でしたが、少人数でみっちり練習できて本当に贅沢な時間でした。




10/10 ワークショップ申し込み受付中

10月10日(土)のワークショップは開催決定していますので、前日までお申し込みを受け付けています。

日時:10/10(土)13:30-17:00
講師:安邨尚美
曲目:Josquin des Prez, El Grillo

ジョスカンの楽しい世俗曲です。

場所:アカデミー湯島実習室(文京区湯島2-28-14)
参加費:3000円(学生2000円)

お申し込みはお名前、パートを書いて polyphonylabo@p06.itscom.net までメールをお送りください。

ご参加をお待ちしています!

テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

El Grillo の歌詞

10.10ワークショップで歌うジョスカン・デ・プレの世俗曲の歌詞です。


   El Grillo こおろぎ

El grillo è buon cantore   こおろぎは上手な歌い手

Che tiene longo verso.   音を引き延ばして歌うことができる

Dalle beve grillo canta.   こおろぎはお酒で歌う

Ma non fa come gli altri uccelli  でも他の鳥とは違う

Come li han cantato un poco,  他の鳥は、あまり歌えなかったときは

Van de fatto in altro loco    どこかへ行ってしまうのに

Sempre el grillo sta pur saldo,  こおろぎはじっと動かない

Quando la maggior el caldo   暑さがひどいときは

Alhor canta sol per amore.    愛だけで歌う

(訳 天野由紀代)


 

El Grillo の音源

10月10日(土)のワークショップで歌うジョスカン・デプレの世俗曲(フロットラ) El Grillo の参考音源です。






プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR