11.8 ワークショップの楽譜

11月8日(土)のワークショップでは以下の曲を歌います。

Josquin des Prez, Ave Maria grazia plena

楽譜は以下からプリントできます。

http://www1.cpdl.org/wiki/images/6/6b/Josquin_-_ave_maria.pdf

楽譜送付をご希望の方は、Fax番号または送付先住所をお知らせください。



Nun komm, der Heiden Heiland の音源

10月12日(日)のワークショップで歌うミヒャエル・プレトリウス Michael Praetorius のNun komm, der Heiden Heiland の冒頭1.24秒だけですが、以下のページで聴くことができます。二つあるうちの下の方です。

http://www.classicalarchives.com/work/392851.html


11月のワークショップ

11月のワークショップは以下の日程で行われる予定です。

第23回 ルネサンスポリフォニー ワークショップ
日時:11月8日(土)13:30-17:00予定
場所:アカデミー湯島視聴覚室
講師:安邨尚美氏
曲目:Josquin des Prez, Ave Maria, gratia plena
定員:20名
参加費:3000円(学生2000円)

参加ご希望の方は、お名前、参加を希望する日にち、パートを書いて、polyphonylabo@p06.itscom.net までメールをお送りください。





テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

ジャン・ムートンを歌いました。

9.14ワークショップに参加された皆さん、お疲れさまでした。
ソプラノ3、アルト2、バス1という参加者構成でしたが、全体を短3度あげて先生がテナーを歌ってくださいました。

いつものようにパート譜だけを見て練習。
今日の最大の課題は、歌うときにあごを緩めて、口を大きく開けないこと。
このやり方で自然に声が出ると四声がきれいにハモります。
こちらの方が楽に声が出るのに、つい力が入ってしまいます。自分で難しくしているということなのですね。

ジャン・ムートンの歌はそれぞれのパートは単純すぎるほとシンプルなのですが、四声がそろうとマジックのように美しい曲になりました。

今日はレコーダーを忘れてしまってスマホで録音しましたが、スピーカーから微かにしか音が出なくてすみませんでした。家に帰ってパソコンに入れようとしたら、無料のアプリだったのでそれもかなわず、重ね重ね申し訳ないです。



Ave Maria, gratia plena の歌詞 (Jean Mouton)

9月14日(日)に歌うAve Maria, gratia plena の歌詞です。
この歌詞には様々な異稿があるようですが、これはJean Mouton の歌の歌詞です。


Ave Maria, gratia plena  
アヴェ・マリア、恵みに満ちたお方


Ave Maria, gratia plena,  アヴェ・マリア、恵みに満ちたお方

Dominus tecum;
 主はあなたとともにおられます

tecum in corde,  あなたの心の中で

tecum in ventre,  あなたのお腹の中で

tecum in utero.  あなたの胎の中で。

O Maria, Genetrix Dei,
 おおマリア、神の御母よ

ora pro nobis. われらのためにお祈りください。








9.14ワークショップの会場

9月14日(日)のワークショップは、アカデミー湯島5階視聴覚室で行われます。

アカデミー湯島:文京区湯島2-28-14 tel.:03-3811-0741
地下鉄千代田線湯島駅出口3より徒歩7分、または丸ノ内線、都営大江戸線本郷三丁目駅より徒歩10分

このブログ内カテゴリ「会場」をクリックすると付近の地図があります。

13:00〜 受付開始
13:30ころ〜 ワークショップ開始

*開催決定していますので、前日までお申し込みを受け付けています。


10.12ワークショップの曲目と楽譜

10月12日(日)のワークショップで歌う曲の楽譜です。

Michael Praetorius, Nun komm, der Heiden Heiland
原曲は高いので、当日は3〜4度下げて歌うそうです。

http://www3.cpdl.org/wiki/images/f/f7/Praetorius_-_Nun_Komm_%2852%29.pdf

同じメロディーをもとにしたコラールも練習しますが、楽譜は以下です。

http://www3.cpdl.org/wiki/images/2/2d/Praetorius_-_Nun_Komm_%2853%29.pdf


10.12 ワークショップの曲目

10月12日(日)のワークショップでは以下の曲を歌います。

Michael Praetorius (1571-1621), Nun komm, der Heiden Heiland (Musae Sioniae, part V: No.52)

また同じメロディーをもとにしている4声のコラールも同時に練習します。

楽譜については追ってお知らせします。

プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR