ニコラ・ゴンベール Nicola Gombert

7.6ワークショップで歌うニコラ・ゴンベールという作曲家について調べてみました。

ニコラ・ゴンベール Nicolas Gombert
(c.1495 - c.1556)

フランドルの作曲家。ジョスカン・デプレの弟子。
1526年より神聖ローマ皇帝カール5世(シャルル・カン)の礼拝堂に仕え、1529年に聖歌隊長になる。後にトゥルネの司教座聖堂参事会員にもなっている。1537年、20人の歌手とともにスペインに渡り、マドリッドの皇帝礼拝堂に地位を得たが、1540年、聖歌隊少年とのわいせつ行為のために追放される。
その音楽は、暗い陰りと緊密なテクスチャーにより高く評価された。ミサ曲10、モテット160、聖歌、シャンソン約80を遺した。( Encyclopedia of Music, ed. by David Cummings, Helicon )

<補足>
追放に関して:
追放され、ガレー船での強制労働の罰を課される。1547年頃に恩赦を受けたらしい。カルダノCardanoの証言によれば、自作のマニフィカトMagnificatを皇帝に送り、皇帝がその曲に深く感動したためという。( Wikipedia Italiaより)

作品に関して:
彼の世俗曲にはクレマン・ジャヌカンのようなきわどい歌詞は見当たらず(「私の煙突を掃除してよ.....」)、むしろ悲哀を帯びた歌詞が多い(「私は別れを告げた、深い悔恨が.....」)。物理学者ジェローム・カルダンによると、ゴンベールはメランコリー発作の後遺症で死したという。
ジョスカン・デ・プレの明快な作曲法のあと、ゴンベールの様式は、オケゲムを思わせるような、非常に厳密で凝縮したポリフォニーへ回帰しているのが特徴である。宗教曲には最高度な模倣技法を取り入れた。どのパートも常に運動しているため、延音記号(フェルマータ)がほとんど見られない。不協和音の扱い方ではゴンベールはパレストリーナの先駆者である。(Wikipedia Franceより)


*正確な詳細については専門書でご確認ください。



8月のワークショップ

8月のワークショップは以下の日程で行われる予定です。

第20回 ルネサンス・ポリフォニー ワークショップ

2014年8月24日(日) 13:00~17:30(予定)

場所:アカデミー向丘
講師:小酒井貴朗氏
曲目:Tomas Luis de Victoria (1535-1611), Tenebrae factae sunt
定員:20名
参加費:3000円(学生2000円)

参加ご希望の方は、参加を希望する日にち、お名前、パートを書いて、polyphonylabo@p06.itscom.net までメールをお送りください。



テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

Jay eu coingie の発音

7.6ワークショップで歌う Jay eu coingie のフランス語の発音ガイドです。現代フランス語の発音です。

J'ay eu congé sans l'avoir mérité,
ジェ ウ コンジェ サン ラヴォワーR メリテ

dont je me sens plein de perplexité,  
ドン ジュ ム サン プレン ドゥ ペRプレクスィテ

car à tousjours ay perdu ma maistresse. 
カR ア トゥージューR  エ  ペRデュ マ メトレス

Pour ses vertus digne d'être princesse  
プR セ  ヴェRテュ ディーニュ デートR プランセス

si   elle n'eust,  faute   de  charité. 
スィ エル ヌ  フォット ドゥ シャリテ

R: のどの奥を軽く触れ合わせる。
詳しくは当日説明いたします。




Jay eu coingie の歌詞

7月6日(日)のワークショップで歌うフランス語の世俗曲 Jay eu coingie の歌詞です。

J'ay eu congé   僕はお払い箱

J'ay eu congé sans l'avoir mérité,
僕はお払い箱さ、何もしていないのに
dont je me sens plein de perplexité,  
本当に途方にくれている
car à tousjours ay perdu ma maistresse. 
もう永遠にマダムに会えない。
Pour ses vertus digne d'être princesse  
王女さまのように素敵な人だった
si elle n'eust, faulte de charité. 
足りないのは思いやりの心だけ。

(訳:天野由紀代)




Super flumina Babylonis 歌いました!

本日6月15日のワークショップに参加された皆さん、お疲れさまでした。

今日はソプラノの一人の方がアルトを歌ってくださり、アルトの一人の方もテノールに挑戦してくださいましたので、ソプラノ2、アルト1、テノール1、バス1という構成がときどきですが実現しました。そのおかげで全体の感じをつかむことができました。トライしてくださった方、有難うございます。

私はこの曲をよく知ってはいたのですが、自分で歌ったことがなく、今日初めてハーモニーの中で歌うことができて感激しました。

各パートの旋律もポリフォニーの展開の仕方も、やはり本当に美しかった。
Recordamus Sion 「シオンのことを思い出そう」 の部分や、Suspendimus organa nostra 「わたしたちの竪琴を(柳に)掛けよう」の部分では、各パートの旋律が何度も繰り返すように交差しながら展開していき、人々の思いが眼に浮かぶようで感動的でした。

各パートは独立したメロディーとリズムを持っているので、曲は簡単そうでいて4パートが全体で美しいハーモニーを作り出すのはかなり難しいと思いました。でも4時間たっぷりの練習で、最後にはとてもよい出来になったと思います。




6.15ワークショップの会場

6月15日(日)のワークショップはアカデミー湯島の5階実習室で行われます。

アカデミー湯島:文京区湯島2-28-14  tel.: 03-3811-0741
千代田線湯島駅出口3より徒歩7分、または丸ノ内線・大江戸線本郷三丁目駅より徒歩10分
ブログ内カテゴリーの「会場」をクリックすると付近の地図が出ていますのでご参照ください。

13:00 受付開始
13:15ころ ワークショップ開始
の予定です。

*開催決定していますので、本日まで申込を受け付けています。
現在の申込者数:ソプラノ2、アルト2、バス1



6.15ワークショップ申し込み受付中

6月15日(日)のワークショップは開催が決定しましたので、前日までお申し込みできます。


Jay eu coingie の音源

7月6日(日)のワークショップで歌う Nicolas Gombert の Jay eu coingie ですが、以下のURLのページの中にMIDI音源があります。

http://www2.cpdl.org/wiki/index.php/Jay_eu_coingie_%28Nicolas_Gombert%29

ページの中のスピーカーマークをクリックしてダウンロードします。「32分音符」で開き、再生ボタンを押すと聞けます。




6.15ワークショップの申込み締切は6.11です。

6月15日(日)ワークショップの申込締切は6月11日(水)です。

締め切り日時点での申込人数およびパートバランスにより催行の可否を決定しますので、予定されている方は(そして迷っている方もぜひ)この日までにお申し込みくださいますようお願いいたします。

今回の曲は Palestrina の名曲 Super flumina Babylonis (バビロンの流れのほとりに)、講師は小酒井先生です。


Super flumina Babylonis の音源

6月15日(日)のワークショップで歌うPalestrina の Super flumina Babylonis の参考音源です。
各パートが追いかけ合っていくのがよくわかる素晴しい演奏です。

http://youtu.be/uuQrmXXEvX0




プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR