Super flumina babylonis の歌詞

6月15日(日)のワークショップで歌う Palestrina の Super flumina babylonis の歌詞です。

Super flumina Babylonis バビロンの流れのほとりに

Super flumina Babylonis illic sedimus
バビロンの流れのほとりに座り

et flevimus, cum recordaremur Sion. 
シオンを思ってわたしたちは泣いた。

In salicibus in medio ejus suspendimus organa nostra.
竪琴は、ほとりの柳の木々に掛けた。

(詩編137章1-2節、新共同訳)


*バビロンに捕囚されたイスラエル人が故郷を想って歌った詩編の一節。


Cristobal de Morales

5.25ワークショップで歌うクリストバル・デ・モラレスについて調べてみました。

クリストバル・デ・モラレス Cristobal de Morales (1500-1553)

1500年代前半の声楽曲において、もっとも重要なスペインの作曲家。

生涯
セビリア生まれ。22歳の時よりオルガン奏者となる。ローマに10年間滞在したとき、パウロIII世のもとで歌手をしていた(ローマの教皇礼拝堂では伝統的にスペインの歌い手が歌っていた)。スペインに戻り多くの仕事をして、ヨーロッパの主要な作曲家のひとりとみなされるようになる。理論家のJuan Bermudoは彼を「スペイン音楽の光」と言っている。1553年トレドで教会付き楽長の地位を願い出たが、その後時を経ずして死去した。
1559年メキシコでのカルロスV世の選出の際にはモラレスの音楽が演奏された。

作品
ほとんどが、声楽宗教曲であるが、スペインでは声部の伴奏として楽器が使われることが多かった。100以上のモテット、18のマニフィカトを書き、聖週間のためのエレミア哀歌の歌詞に音楽をつけた。マニフィカトは今日もっともよく演奏される作品である。
22もある彼のミサ曲は多様な技法を用いている。そのうち6曲はグレゴリオ聖歌の旋律に基づき、大体伝統的なやり方で定旋律の技法を使っている。8つのミサ曲では、パロディーの技法が使われている。なかでも6声のミサ曲は有名なシャンソン"Mille regrets" ー ジョスカン・デプレの作とされ、カルロスV世が好んだ ー のテーマに基づき、全パートでそのテーマが現れる。モラレスはまた"l’homme armé"の旋律 ー 15世紀後半からとくに16世紀にかけてミサ曲作曲家によく使われたシャンソン ー に基づくミサ曲も2曲書いている。そのうち4声のものはテーマを定旋律として使い、5声の方はテーマをより自由に使って、パラフレーズ手法に近づいている。最後に二つのミサ、Requiemおよび同リズム的技法が見られるOfficium defunctorumを書いた。

技法
モラレスの技法は、ニコラ・ゴンベールなどのフランス・フランドル派の同時代作曲家より、続く2世紀に現れる音調の調和という技法により近い。その上、彼において和声は、たとえばトマス・タリスのような同時代のイギリス音楽よりもより自由になっている。モラレスのリズムの自由さは特徴的である。たとえば「3対4」のようなポリリズム(曲の中で様々なリズムが同時に生じること)の使用や、ひとつの声部のリズムを他の声部のリズムから分離独立させることなど。晩年は対位法の使用は少なくなり、より簡素で同リズム傾向のスタイルになる。いずれにしてもモラレスは常に、歌詞の意味や言葉の理解に注意を払った。これはすでにジョスカン・デプレに見られるが、パレストリーナや世紀後半の他の作曲家の特徴となるものである。

モラレスは国際的に影響を及ぼした最初のスペイン作曲家であった。死後も長い間高く評価された。その作品はヨーロッパ全土をめぐり、たくさんのスコアが新世界にもたらされた。Francisco Guerrero, Tomas Luis de Victoriaとともに16世紀スペインのもっとも重要な3人のポリフォニー作曲家の一人である。(Wikipedia Italiaより )


*専門的な詳しい内容については専門書でご確認ください。




7.6 ワークショップの曲目

7月6日(日)のワークショップでは Nicolas Gombert (1495-1560) の Jay eu coingie (フランス語の世俗曲)を歌います。

楽譜は以下のリンクからプリントできます。

http://www2.cpdl.org/wiki/images/3/37/Gombert-Jay_eu_coingie.pdf



6.15ワークショップの曲目

6月15日(日)のワークショップでは パレストリーナの名曲を歌います。

Palestrina, Super Flumina Babilonis

楽譜は以下のリンクからコピー出来ます。

http://www3.cpdl.org/wiki/images/sheet/pal-supe.pdf


次のワークショップは5.25

次回のワークショップは5月25日(日)13:00-17:30 アカデミー湯島、小酒井先生です。

曲目は Cristobal de Morales の Vigilate et orate 。

このブログ内カテゴリの「楽譜」をクリックすると楽譜へのリンクがあります。

楽譜送付をご希望の方は送付先のFax番号または住所をメールで polyphonylabo@p06.itscom.net までお知らせください。

カテゴリ内の「歌詞」「音源」の中には それぞれVigilate et orate の歌詞、音源がありますのでご参照ください。


7月のワークショップ

7月のワークショップは以下の日程で行われる予定です。

第18回 ルネサンス・ポリフォニー ワークショップ
2014年7月6日(日)13:00~17:00
講師:安邨尚美氏
曲目:Nicolas Gombert, Jay eu coingie
場所:アカデミー湯島

第19回 ルネサンス・ポリフォニー ワークショップ
2014年7月27日(日) 13:00~17:30
講師:小酒井貴朗氏
曲目:グレゴリオ聖歌Salve Regina / Jacob Obrecht, Salve Regina
場所:アカデミー湯島

各回とも
定員:20名
参加費:3000円(学生2000円)

参加ご希望の方は、お名前、参加を希望する日にち、パートを書いて、polyphonylabo@p06.itscom.net まで、メールをお送りください。






テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

ドイツの世俗曲 Ich stund an einem morgen を歌う

5月3日のワークショップに参加された皆さん、お疲れさまでした。

ソプラノ2、アルト1、テノール1、バス1という、少人数ですがバランスのとれた構成となりました。
いつものように安邨先生が手書きで作ってきてくださるパート譜だけを見ながら練習しました。

Heinrich Finck の Ich stund an einem morgen という歌は、恋人たちの別れ話を隠れて立ち聞きするという状況設定で、その立ち聞きをした男が二人の話の内容ー別れたくない女の嘆きとそれをなだめる男の言い訳ーを報告するという、まるで小説のような凝った構成の歌詞に基づいています。
やっぱりドイツの歌はなんだか違う…...

この詩は当時有名だったらしく、色々な作曲家がこれに曲をつけています。
Finck の曲はテノールが主となる旋律を歌うもので(「テノール・リート」)、テノールがゆっくりと歌うのに合わせて他のパートが伴奏のように色々なメロディを展開します。

このワークショップでは初めてのドイツ曲でしたが、曲の感じも、イタリアやフランスやイギリスの曲とは違う趣きがありました。





プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR