O vos omnes の歌詞

3月19日のワークショップで歌うビクトリアの O vos omnes の歌詞です。

O vos omnes, qui transitis per viam,   道を行くすべての者よ、

attendite, et videte           目をこらせ、そして見よ。

Si est dolor similis sicut dolor meus.   わが苦しみほどの苦しみがあろうか。

Attendite, universi populi,        目をこらせ、世界の民よ、

et videte dolorem meum.        わが苦しみを見よ。

Si est dolor similis sicut dolor meus.   わが苦しみほどの苦しみがあろうか。
                     <『哀歌』1: 12, 18>

     (井形ちづる、吉村恒『宗教音楽対訳集成』国書刊行会2007より)



Audivi vocem de caelo の歌詞

12月10日のワークショップで歌うAudivi vocem de caelo の歌詞です。

Audivi vocem de caelo (Thomas Tallis)

Audivi vocem de caelo venientem: 私は天からの声を聞いた:

Veniente omnes virgines sapientissimae; すべての賢明な乙女たちよ、来たれ;

oleum recondite in vasis vestris dum sponsus advenerit.
あなたたちのうつわに聖油を蓄えよ、花婿が現れるまで。

Media nocte clamor factus est; Ecce sponsus venit.
真夜中にどよめきが起こった;見よ、花婿が来た。


Audivi (John Taverner)

Audivi 私は聞いた

Media nocte clamor factus est; Ecce sponsus venit.
真夜中にどよめきが起こった;見よ、花婿が来た。



Sicut cervus の歌詞

10/02のワークショップで歌う Sicut cervus(「詩篇」41[42]:2-4)の訳です。

Sicut cervus desiderat ad fontes aquarum: 水をたたえた泉を求める鹿のように、
ita desiderat anima mea ad te, Deus. そうやって、わが魂はあなたを求めます、神よ。


Sitivit anima mea ad Deum vivum: わが魂は 生ける神を求めて乾いています。

quando veniam et apparebo いつのことでしょう、私が

ante faciem Dei mei?  わが神の御前に出て 御顔を仰ぐのは?


Fuerunt mihi lacrimae meae 私にとっては 昼も夜も

panes die ac nocte,  涙が糧となっています、

dum dicitur mihi per singulos dies:  毎日こう言われるのですからー

Ubi est Deus tuus?  「おまえの神はどこにいる?」

<詩篇 41[42]:2-4>
(井形・吉村訳『宗教音楽対訳集成』国書刊行会より)

パレストリーナの歌詞では3行目、Deum vivum (生ける神)が Deum fortem vivum (生ける強い神)に、また下から2行目 per singulos dies は quotidie となっています(意味は同じ)。





Byrd, Ave verum corpus の歌詞

8月27日(土)のワークショップで歌うバードの Ave verum corpus の歌詞です。


Ave, verum corpus              栄えあれ、まことのおからだ

Ave, verum corpus, natum       栄えあれ、まことのおからだ、

de Maria Virgine:      処女マリアより生まれたものよ。

vere passum, immolatum   まことに 十字架で苦しまれ

in cruce pro homine,    人間のために いけにえとなったかたよ。

cuius latus perforatum    そのわき腹は(槍で)刺しつらぬかれ

unda fluxit sanguine,      血を流されました、

esto nobis praegustatum,  われらに まえもって味わわせてください、

in mortis examine,      死の試練のときに(天国の幸福を)、

O dulcis, O pie,        やさしいイエス、情けふかいイエス、

O Jesu, Fili Mariae,      マリアの御子イエスさま、

Miserere mei.         われをあわれみたまえ。 

Amen.           アーメン。


(井形ちづる・吉村恒訳『宗教音楽対訳集成』国書刊行会より)






Tu es Petrus の歌詞

6月25日(土)のワークショップで歌う Tu es Petrus の歌詞です。マタイによる福音書の一節です。

Tu es Petrus あなたはペテロである

Tu es Petrus あなたはペテロである

et super hanc petram そして、わたしはこの岩の上に

aedificabo ecclesiam meam わたしの教会を建てよう

et portae inferi non praevalebunt adversus eam. 
黄泉の力もそれに打ち勝つことはない。

                                    「マタイによる福音書」16:18(口語訳)




プロフィール

polyphonylabo

Author:polyphonylabo
研究会といってもアカデミックな研究をするためではなく、西欧ルネサンス期のポリフォニー曲を歌う機会をより多く持つために作られました。
基本的に、講師を招いてワークショップ形式で行い、一回で最低1曲は仕上げることを目指します。

複数の旋律が絡み合い呼応し合うポリフォニー音楽の素晴しさを多くの人と共有できたらと願っています。

毎月のワークショップの詳細については、カテゴリの「ワークショップ」をクリックするとご覧いただけます。


お問い合わせ
ルネサンス・ポリフォニー研究会(代表 天野)
メール:polyphonylabo@p06.itscom.net
URL: http://polyphonylabo.blog.fc2.com

Facebook: polyphonylabo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR